石巻の海底30mで

ここに覗き穴が付いた箱メガネがあります。中洲士郎が「BI見逃サーズ」用の8インチモニターを戸外で使用するためにこさえました。両サイドに扉があって両人指し指で操作できます。

「中っさん。これってティッシュ箱じゃないですか」それが若い連中のコメント。ヒメノさんは年の功、やはり配慮が違います。実際に戸外で箱を手にして戻ると「これって便利ですよ。イケますね」そうこなくっちゃね。今日は結局この盟友と小1時間「BI見逃サーズ30M」の模型を仕上げました。気が合った2人だとスピードが違います。

解り辛いけど首掛けに可動式覗きメガネがセット。その下に回転ドラムが付いて30mLEDケーブルとその先端に防水カメラと強力LEDライトが組まれます。

暗い倉庫の隅の旋盤でヒラタ船長が何やら加工しています。PUボールにゲル発光液を注入する装置でしょう。6月22日大連での新商品発表会でデビューします。その演劇「老人と娘」の脚本と演出はこの次明かしましょう。

このヒラタ船長を呼んで7月21日から宮城県石巻市に出向くことを告げました。現在仕上がり中の「BI見逃サーズ30」を使って海底遺品捜索活動をやるのです。震災で失った娘を今も探し続ける父親がおられると聞いたからです。この海の男ヒラタと盟友ヒメノは石巻行快諾です。東京支店の頑張り娘、元全日本女子水上スキーチャンピオンのマオ君も連れて行くことに。捜索活動の合間に仙台湾水上スキーも楽しむ魂胆です。

技術情報です

昨日この中洲士郎はブログを本来の趣旨である「珍奇な発見と妄想の日々の記述」に戻すことにしました。

そうなると未だ明けるに長い夜、淫らな妄想をやめて珍奇な発想に舵を切らねばなりません。中洲流定番作業はと言うと先ず昨日記憶に残った映像をコマ送りをします。その一コマから新製品の発想に無理やり繋ぐのです。そしてそれは何時も布団の中のそんな時刻。

東京のカワジリ君がドローン展で気になったという映像が脳裏に停止しました。

同社のHPご覧になって下さい。

ルミカのBiRodらしきものとドローンが組み合わさっています。着陸が容易だと分かりますが三脚の意味が中洲には解けません。

中洲の妄想映像にこの写真の竿が地上まで延びてきます。違う。逆送りします。受電中のドローンが細い強靭なカーボン製W-BiRodを延伸させながら上空へ引き上げていくのです。これは自分で飛翔する飛行体でなく竿の先端に付いた昇降機でありスタビライザーなのです。

30m下の地上からドローンに送電されるので何時迄もRodに牽引力が働く。そこからの映像はドローンからじゃなくて我が360°カメラからUSBケーブルを介して地上のモニターに送信されます。価格も安いでしょう。

飛行許可のいらないドローンが誕生します。特許なんかどうでもいいが同口径の二重継竿の特許は昨年出願済みです。カメラの付いていない高馬力ドローンを調達しなきゃいけません。

「どうだ参ったか?竿に繋がれたドローン君」はニュースになるでしょうか。

うちの会社には色んな特技の人間がいます。技術情報を階層的に整理して脳みそに収納し、いつでも素早く所定の情報を取り出せる人間がいるのです。この特技で開発館のノミヤマの右に出る者はいません。

ノミヤマとオオツカが香港のCEショーから帰国しました。オオツカの奴、早速振替休日取ったので月曜日に出張報告を聞くことにします。

「何か面白いの有った?」中洲の問いにノミヤマ待ちきれずに吐き出しました。

1つは電子機器の防水塗膜。これは凄い。そもそも電子機器なぞ無縁のルミカがカメラをいじくってご承知の通りです。

一つはカメラの防水対策です。中洲がどうやってカメラの外ケースに防水塗膜するか悪戦苦闘していました。あのへそ曲がり男イノウエの奴「カメラの中に樹脂を注入すればいいじゃん」とポツリ。こんな発想って本当ドキッとしますね。聞き流したフリをしてコッソリ試しました。残念ながらカメラは処理後駆動せず日の目は見ませんでしたがそのアイデアには一目置いていました。

秀才のノミヤマが見本市で探し出して来たのがIC用特殊塗膜剤です。相当の低粘度接着剤なのでしょう。Biカメラに防水ケースが不要になるかも知れません。この情報は皆さんの懸案解決に約立つかもしれませんよ。

軌道修正です

ブログは矢張り難しいです。このところ筆が進みません。

「文は人なり」と言われる通り書いたものには筆者の人間そのものが現れてしまいまねす。気を緩めると筆者の思考回路の脆弱さや人間性までも露見します。

本来このブログは士郎の珍奇な発見と妄想を綴るものでそれ以外のテーマは中洲士郎の及ぶところでありません。ところがこのところつい調子に乗って主題を逸脱した文を書いて後悔しております。

さあ寄り道しないで「珍奇な発見と妄想の毎日」をブログに収めます。とにかく毎日皆さんと一緒に珍奇な新製品の開発あるのみです。

BiRod(Birds eye Rod)はスポーツカメラを竿の先端に取り付けて高所、水中を撮影する道具です。久々のヒットで中洲気を良くしとります。今度は珍奇なカメラを組み上げて特殊ケーブルでモニターに繋いでどんな場所でも探し物を見逃さない探索機「Biレスキュー」を世に出そうというわけです。

今日はそのBiレスキューの最終仕様を決める為に製品を手にして木の茂みや小屋の屋根の空中探索、床下や草むらの地上探索それに水中探索を同じ機材で行いました。これがスムーズにやれて映像の保存が出来ることがレスキューには不可欠な機能です。

イシバシ君指摘の通りVRゴーグルでの探索は現行品では無理がある。だから標準セットではタブレットにすること。問題は360°LED防水カメラです。草むらや軒下を擦ったら直ぐに防水ケースに傷や汚れが付きます。それにケースを通しての映像は随所に映像欠陥が表れます。だから取り外しや交換が不可欠です。そんなこんなでどうにか製品仕様が決まりました。

余計なことをブログに書いて憂鬱になったのが、開発作業専念で少し気が軽くなった午後のひと時でした。

上から珍奇な360°LED防水カメラUSBケーブル付き。20000円

HUAWEI高級7インチタブレットセット25000円

VRゴーグル充電池セット25000円(オプション)

自分の畑

2/14(水)バレンタインデー。
今年は4件からチョコを頂く。ホワイトは大奮発しよう。

アリちゃんがやって来る。
大閃光ペイントのトリガーの金型の磨きが終わって
遂に完成した。記念写真を撮る。

どんな画期的な商品でもマーケッティングがまずいと悲惨なことになる。
直ぐにパッケージと仕様書を作り
広報やって世間の注目を集めなきゃいかん。
出費もかさむがこれからが勝負だ。

ガミガミ言われて落ち込む戦友アリちゃんに理解を求めた。

商品開発では
(1)自分の畑を他人に荒らされんように自社商品の強化をしなきゃ。
(2)逆に新事業開発で他人の畑を荒らさんといかん。
問題はみんな自分が専門家だと勘違いしていることだと思う。
これを社内に伝えよう。

富士フィルムの社長の口真似しちゃいかんが・・。
少しだけ許してもらうと。

3年前のこと、BiRodを上市してね。
わしゃ水中の様子をリアルに見たくなった。
それで日比谷のビックカメラでGOPROの社員に聞いた。
「済みませんがGOPROのWiFi機能を使って
水中をリアルタイムで見たいんですが」
「あなたねえ。水中では電波が通らないから
WiFiで送信できないってことも知らないんですか」
老兵バカにされてカチッと来たね。

会社に帰って開発館の仲間に
「空中ならアンテナからケーブルでテレビに繋いでいるじゃないか。
水中でもケーブル張ればいい。やってみようよ」
やってみればちゃんとWiFiはスマホに送信されている。
特許出願したら「そんなバカな」と特許庁も半信半疑でやって来て
現物見て「自ら進んで」特許にしてくれた。

ここに専門家の危険がある。
自分の畑が他人に侵害されたのだ。
その社員が会社に持ち帰って研究室に
「こんな馬鹿親爺がやって来てこんなこと言った」
と報告すべきだった。

さてこの件を我が社に置いてみよう。
「こんな商品出来ませんか」
「大閃光もっと長時間光らせませんか」
そんな質問を受け流していたら水中無線ケーブルの逆のケースが起こる。

この辺の話をアリちゃんにする。
だから商品開発を急ぐのだと。

Bi水族館のお披露目

2/3(土)大阪フィッシングショー2018の2日目、
一般日は終日凄い賑わいでした。

今回の沢山の新製品のうちで中洲の思い入れが強いのはBi水族館だ。
釣りの見本市だから
「30m海底の様子をタブレットやゴーグルで見ながら釣りが出来ます」
とうたうべきだが。

格好付けの中洲の意を汲んでアッコが準備したのは
池に泳ぐザリガニ、エビ、メダカだ。
ゴーグルに威嚇するザリガニを観て大人まで歓声を上げている。
「子供達が小川でタガメの観察に使えます」と説明している。

実際は農薬まみれの日本の小川には
西洋タニシ以外殆ど生物は生きていやしない。
その実態に子供達が拳を振り上げるのを中洲は期待している。


2年も要して完成した「Bi水族館」の仕様は次の通り。

球状のVR360°USBカメラは単純構造だから極めて安価だ。
これに5個のLEDを円周に植え込み
6芯のUSBケーブルで防水ケースから取り出して
タブレットかVRゴーグルに繋いでいる。
着想はカメラが防水ケースから取り出せないところにある。
言わば使い捨て完全防水カメラだ。

30m潜れる360°カメラとLEDライトなら10万円じゃ手に入らないところ
水族館なら2万円。
この圧倒的低価格をもうじき世間が認めてくれるだろう。
26,000円のVRゴーグルも市場性あるが
現在開発中の「Bi水族館用」に特化したODMを出した時が
真の完成だろう。
来年のラスベガスのCESに完成品を出展しよう。

探し物

1/14(月)盟友ヒメノさんの辞書には
「怒る」という言葉が見当たらない。

諸君、いつ如何なる場合でも怒っちゃダメだ。
事態は更に悪くなるのに、甘えて「怒って」しまう。
瞬間湯沸かし器なんぞは絶対バチ当たりだ。
この所中洲士郎ヒメノさんを見て大いに反省しとる。

そのヒメノさんだがBi水族館のセッティングに余念がない。
いやこのフィッシングショー出展で追い立てられている。
当然土日返上だ。
駆け出しのオーツカ君が一応水中カメラをモノにしたので
水族館が形になって来た。
彼が姿をくらませているのは
LEDライトの水中カメラ組み込みが上手くいかないからだろう。
30メートル海底が照らされてVRゴーグルに美しく映し出されるのを
フィッシングショーで公開するよ。
勿論釣師には応えられん道具だ。

ここで中洲の珍奇な発見

中洲は子宮検診器の小型球状カメラを覆う
膣内で膨らませる風船が見つからんので難儀している。
勿論専門メーカーに特注するが
取り敢えず量産試作の段階では市販品を探すことだ。
これが開発者の腕の見せ所だ。
東京のヤマダさんなんか秋葉原でブツブツ呟きながら
何時も何やら探し回っているらしい。
そうやってジャニさんなんかの大ヒットを打つのだ。

中洲も知恵を絞って
膣内で膨らませる透明バルーンを探す探す。

「そうだ。ゴクアツだ」

アマゾンで検索し、ゴクアツと称する品を家に送って貰ったが
色が黒だった。
だから映像が悪い。
ワシが居ない間にラオポに包みを開けられたらと心配したよ。
商品開発も楽じゃない。

ああ透明の超厚品が欲しい。

Bi360°リモートカメラ遂に完成か

仕事納めがやって来た。
今年も開発ラッシュだったが・・・。
中洲案件は遂に一件も上市に至らなかった。

だが化学品分野ではアリちゃんチーム、
精密機器ではヒメノチームに元気な若手面子が加わり
これをイシバシの直販チームが引っ張る構図が出来上がった。

仕事納めの開発作業で
ホープの1人オーツカが、遂にVR360°カメラの防水ケースを完成させた。
やっと防水機能は完成だが、内壁に接着剤が垂れて新年に持ち越し。
「下手くそ、ばかやろ」で今年もおしまい。
来年が脅威的に面白くなる。

帰りに久しぶりのジムで全身爽快。
12月は出張ばかりで4回しか汗を流せなかった。
来年は月に8回は通いたいなあ。


遂に防水が完全機能したBi360°リモートカメラ。
だが内側の接着剤が垂れて視界を遮った。失敗だ。
従来の防水はケースからカメラを取り出すことが常識。
ルミカは防水ケースをカメラに固定した。

スマという魚

昨日の燃え尽き症候群でモチベーション上がらないまま
早朝宇和島から愛南市の極洋フィードワンマリン社へ。
小さな漁船で30分沖へ走ってスマの生け簀へ向かう。

スマと言う魚は愛媛県が高級養殖魚として増産を目論んでいる。

味は全身マグロの大トロ並みとのこと。
サイズは3kg位で家庭で1匹食べられる小粒。
開発の目的は生け簀の尾数をカウント出来ること。
これには先ずライブで水中映像を得なきゃいかん。

だからBi水族館の出番だ。
愛南スマ養殖場視察する。

ルミカの皆さんは優秀ですねって。
本当かな?

宇和島に戻って先方4氏と当方4名で仲良く昼食。
山本氏の運転で松山空港へ。
ここで夜8時の出発まで6時間時間を潰す。

確実に言えることは
水中映像は少しでも鮮明な方に軍配上がるということでした。

日振島のマグロ養殖

宇和島から渡船で1時間
豊後水道に浮かぶ日振島にマグロの養殖場がある。

写真のように100kgのマグロで渦を巻いている。
この生け簀だけで4000万円の設備費。
それが10以上もあるのだ。
正に装置産業だな。

ここで我が仲間達の活躍の中
どんどん凄い映像が撮れた。
10数名の同行者はVRゴーグルのリアル水族館に歓声、
GOPROの鮮明な画像に驚嘆。
完全にルミカが主役の1日だった。

昨晩の答礼で今日は相手水産関係者をもてなす。

何と塩川老は今日が誕生日。
祝いの誕生ケーキに
30m素潜りすると言う屈強な潜水夫が
澄み渡るテノールで唄を添えた。
二晩ともいい夜だった。