鶏鳴狗盗

遠賀工場で恒例の餅つき大会と永年勤続表彰。

この餅つきは我がオーノ棟梁が入社して始めたので20年以上になる。
毎年12月28日棟梁の指揮下で華々しく開催される。
何を隠そう。社内で一番のつき手はこの中洲士郎だから
まあ2人のお遊びみたいなもんだ。

このオーノ棟梁は
昨年末30年勤務して退職したA嬢が紹介してルミカに入った。
彼はレーサーで九州地区チャンピオン。彼女がナビをやった。

諸君は高校の時漢文で習った鶏鳴狗盗の話覚えていないかなあ。
中国紀元前数百年前春秋時代、斉の国で有名な豪傑、
孟嘗君が食客3000人を集めた中に鶏鳴狗盗の客があって
それが国の一大事を救うという話。
我がオーノ棟梁もそんなもんだが、あまり学がないから
「なぬう。俺が鶏鳴狗盗か」と怒り出すに違いない。

兎に角春秋の時代は一匹狼のスキルマンが縦横無尽に活躍。
人間が史上一番の生き生きした時代。
そしてルミカもそうなるといい。
であればオーノ棟梁達のお陰で中洲士郎は現代の孟嘗君田文という訳か。

さて本題。
今年の遠賀工場での永年勤続表彰は
30年勤続2名20年1名10年1名だった。

30年前と言えば遠賀商店街のパチンコ屋の跡で
200名程の近隣のご婦人方が
狭い工場でもみ合いながら生産活動しいていた。
街の商店街も今と違って大層賑わっていましたねえ。
中洲も帰りに野菜でも買って帰ろうと立ち寄ると
大抵のご婦人がルミカで作業を終えて買い物の面々。
大きくお辞儀されると本当に恥ずかしかった。
あの当時は遠賀町はルミカ村の体だったね。

当時はドガワさんが工場を仕切っていました。
それで彼と一緒に30年勤続の2人を祝いました。