ケミホタルの話(その8)

夢は夢としても先ず食っていかなければいけません。窯暮れでは到底家族は養えない。こうなることは分かっていましたが寄り道しました。労働者は辛いが、かと言って今更技能士や芸術家の道を模索するのは大学に戻るに等しく難しい。何しろ大学で何も学ばなかったのですから。

確実にやるべきことは先ず日銭を稼ぐこと。何しろ家族が居るのです。そして手持ちの金はどんどん消えて行っております。失業保険ももうすぐ打ち止め。今更就活など出来はしない。

自分の発明カード等鼻から信用していないし自分がトンマであることを確信しています。中洲士郎のDNAにはそのことが書き込まれており生まれた時から生き延びる選択をさせられました。それは自ら選ぶよりも本能的な選択でした。

そしてこれこそ運良く今生き永らえている生物に共通していることでしょう。何をするか何を避けるか判断するのに我々は時に大胆に時に臆病でなくちゃいけません。

「握り飯を売る」それは中洲士郎の確実で賢明な選択でした。

ケミホタルの事業化は博打だから握り飯という保険がいると考えました。小石原から戻ると中洲若子の「赤ひょうたん」の半坪のタバコ売場が士郎の持場です。旬の食材を用いた炊込みご飯3升に最高の味を出したので普段は30分で売り切れました。ヤクザが外車に女を乗せて買いに来ることもありました。この仕事は肉体労働より楽だし改めて勉強する必要もありません。

だが雨が降れば惨めで一個も売れず近所のホステスに只で配ります。家に持ち帰れば子供達が「又一週間、味ご飯の焼き飯か!」と嘆きます。

当時まだほっかほっか亭は出現していませんでした。良い米の炊きたてご飯に起業の可能性の匂いがありました。しかしお天気商売で結局その日暮らしから抜け出せないでしょう。従って飲食業も中洲士郎の選択には残りませんでした。

やはりケミホタルしかないのです。

そのケミホタルの主導権は有田の栗本の手に移っていました。夢を見るようになりました。前の会社に戻って机にしがみついている自分の惨めな姿を。そこには何時も前の会社の社長はじめ同僚達の侮蔑の目があったのです。

余談ですが第1話「ケミホタルの話」でケミホタルの発明者は誰か?を明かします。そして起業してから降りかかった13回の危機克服秘策を次々に明かして参ります。

その中で第10番目に東日本大震災遭遇がありました。

3月11日福島の久之浜で巨大津波を目撃し避難民生活の後ヒッチハイクで福岡に戻ってテレビを観ました。

東電社長の出演に思わず「ダメだ直ぐに福島原発に向かえ!突入しろ!世界中がお前を見ているぞ」と虚しく呼びかけました。

彼の学業秀才のDNAには想定外での処方が書き込まれていないようです。そして取り返しのつかない愚か者の烙印が押されてしまいました。

危機に直面したら一瞬にしてその利用法を模索すべきと思うのです。商品開発そのものです。大震災からだって起業のネタを探そうと中洲士郎は久之浜中学の体育館で夜中パオ事業を思いつき画策しました。

中洲士郎は取るに足らない人生と降りかかる危機の滑稽譚をこのブログに記そうとしています。いつか誰か一人の目に止まって相づち打ってくれるのを期待します。それは曾孫かも知れません。

嫡出子と非嫡出子に何の違いはなくスティーブ・ジョブスと中洲士郎だって同じこと。人間死ぬまでどう演じるかだと思います。悲しいが一兆掛ける一兆ものDNAの組み合わせに人智は及びません。そこには生き延びる術が書き込まれているので、DNAのささやきに素直に従って今を生き延びること、そうでなければ東電社長のように即ゲーム終了もあるのでいい格好などしちゃいけないと思うのです。

 

ケミホタルの話(その7)

小石原(こいしわら)村梶山の山一窯とのそもそもの出会いをお話しましょう。

中洲士郎高校生の時、都落ちの附設の勉強が嫌で5万分の1の地図を手に独りトレッキングをしました。時にはヘッセの漂泊の人の気分になって「フランス詩集」を手にベルレーヌやランボーを暗記しながらです。

ある時福岡の名峰英彦山に登らず日田の方に歩いて薄暗い林道に入りました。樹々が生い茂り見通しの効かない細道を甘酸っぱい野イチゴを食べながら歩く事2時間、突然視界が開けた先が小石原村だったのです。

当時は小石原川に沿って粗末な木造の窯元が並び唐臼が沢山音を立てておりました。村外れの一軒の小さな作業小屋に立ち寄りました。梶山の山一窯でした。隙間だらけの野地板で冬の隙間風がこたえそうです。蹴ロクロ1台の作業場から瘦せぎすの50がらみの陶工が前掛を置いてにこやかに迎えてくれました。英彦山から歩いて来たと告げると作業場の奥から家族も出て来てお茶と山菜漬けを振舞ってくれます。後で聞くと3人娘の親父は男児が欲しかったらしく男の子に目が無かったそうです。帰りにはコーヒー碗を新聞紙に包みバス賃までくれて見送って貰いました。その後も遊びに行くようになり家族の皆さんと親しくなり50年経ってもあの日の事が話に出ます。いつのまにか「爺さんが貧乏高校生士郎に2000円上げた」と話が膨らんでおります。実際は50円位のバス賃でしたが使わずに夜道を大隈迄歩いて行きました。その夜道を大きな茶色の犬が何時迄も付いて来てくれた記憶が残っております。

そこの親父が好きになってちょくちょく顔を出しました。本当の父親みたいでした。泊まって行ったこともあるらしい。子供は3人姉妹で長女は高校生、利発そうな娘で窯元だから婿養子を取るのかと想像しました。言葉を交わした記憶はありません。

しかし縁は奇なものですね。山一窯にとって「赤ひょうたん」はお得意様で中洲若子は大切な客人だったのです。

2011年頃車椅子の母若子を連れて梶山を訪れました。そしたら思いがけず、和服がよく似合っているカツエさんが現れ窯元の女将姿も板に付いて囲炉裏で若子と士郎をもてなしてくれたのです。

おっ母ん殆ど口は開かなかったけれど帰りの車では、それは嬉しそうに思いに耽っておりました。

「それで焼物修行はどうなったか?」というと、

6月のある早朝家を出て直ぐに広い車道でネズミ捕りに掛かって免停を食らったのです。もう悔しくて悔しくて「この先ネズミ捕り」の板ギレを振って取り締まりを妨害しながら・・・ふと、窯暮れ人生の半年の夢に見切りを付ける気になったのです。今も自宅のガレージに蹴ロクロが豊太郎直伝の左蹴りでの一升徳利の再生をじっと待っております。

秀吉の朝鮮の役で沢山の陶工が日本に連れて来られました。先ず唐津や伊万里に入ったのでしょう。彼ら陶工達は北の方に故郷を偲びながら良質の陶石や陶土を探して九州各地をさまよいました。日田英彦山線で英彦山の先に岩屋という駅がありここから日田の方に歩くと小川に沿って小鹿田(おんだ)村に出ます。                  

ここ小鹿田焼は小石原焼の兄弟窯だと紹介されていますが民芸運動でバーナード・リーチに激賞されて小石原焼よりも一躍有名になりました。問題は蹴ろくろの回転方向です。豊太郎爺さんの説明では小石原焼では右蹴りで右回転。それに対して小鹿田焼は左蹴り左回転だそうで小石原では豊太郎爺さんが唯一左回転だそうです。だとすれば豊太郎唯一の弟子の中洲士郎が小石原焼唯一の左回転陶工となったかもしれないのです。

この次小鹿田と小石原に行かれたら轆轤の回転方向を見定めて下さいね。

中洲士郎、失業してから三つの仕事を同時並行で進めて独立開業を模索することにしました。一つは若子の「赤ひょうたん」の軒先を借りて「握り飯」を売って日銭を稼ぐこと。次は「ケミホタル」事業化のための「ルミナスプロジェクト」を開業すること。そして欲張りだが陶芸家の道を探ることでした。

そんな経緯で陶芸家の道は諦めました。次に握り飯屋の話をしましょう。