ケミホタルの話(その3)

この4人の仲間たちとの出会いはこうでした。

中洲が社会に出て8年経った1977年、身を置いたのは窯業界、そこは泥にまみれ灼熱に炙られる最後進性の業界です。そこにファインセラミックスという耳慣れないハイテク製品が登場し京セラが大躍進して参りました。ならばと当時技術系新聞の紙面を賑わしていた気鋭の(売名の?)技術者、F社の栗本に依頼して(誘い出して)中洲が奉職していた会社で彼の開発物語をさせたことから事態が動き始めたのです。

ホラとは分かっても京セラを射程に捉えるのは有田のF社であり技術主任の栗本だと言う話は中洲の心を揺さぶりました。

栗本は無邪気に自分を天才と信じる活性の男で中洲には自分と同質の匂いが感じられます。会社で彼の圧倒的な自慢話が終わり大阪梅田の地下街で一緒に安い夕食をしながらお互い独立の夢を語りました。

互いが独立起業の夢を追っていることを確認すると「それではイザイザ」両者は独立カードを切りあいます。粟本のカードは猫用避妊パンツ、中洲が最初に切ったのはケミホタルでした。

猫の避妊パンツなど如何に下らんアイデアかを説明する必要は有りませんでした。栗本は無類の釣りマニアでそれから約1時間伊万里湾青島でのチヌ釣りの極意を聞かされたのです。

当然のように「ケミホタルの開発に是非加担させろ」となりました。

ケミホタルの開発ではガラス細管の加工が必要です。技術者と設備がなければ話になりません。有田のF社なら少しは可能性もあるだろうと栗本に開発を依頼したのです。

栗本は取引先S製作所の土海と九大研究員の福本を開発仲間に引き込み 中洲士郎は福岡で懇意にしていた弁理士事務所のアルバイト藤本を誘いました。栗本は自社の社長や経理課長もケミホタル開発で儲けさせると焚きつけます。大阪から遠い有田で騒ぎだけ大きくなって来ました。事態は少しまずい方向に進んでおります。

F社の故深田正一社長は東大出の深田家入り婿。実に純で栗本と因襲の焼物の街、有田にファインセラミックスの灯をともすのに躍起の夢追い人でした。経済畑で技術に暗いので栗本の口車に乗せられ会社の本業を離れて一緒にケミホタルで大儲けをしようとの栗本の誘いに乗ったようです。

深田には博多の中洲に想いの女性がいます。「バー白馬」の美人ママがその人で彼女を喜ばせるのに金も欲しい。その白馬のママは中洲若子の友達だし士郎とも挨拶を交わす仲ですからいろいろ情報が入ってくるのです。本当に世間は狭い。

当時作家の今東光が「小股の切れ上がった美人」という表現をしました。これがどんな美人を指すのか分からず「白馬のママ」がそういう美人かと勝手に解釈した記憶があります。

だからこれも余談ですが世界初のケミホタルのイヤリングは中洲士郎の物語では白馬のママの柔らかい耳を飾る事になるのです。そのことは深田正一 氏もご存じありませんでした。

さあケミホタルが動き始めました。だが下手をするとこのチャンスは中洲士郎の手からこぼれ落ちます。考えもしなかった退職が現実味を帯びてきたのです。

秀才には程遠い5人の技術屋が登場したところで中洲士郎の出生や起業して13回もの危機に遭遇した「ケミホタルの話」を始めましょう。時々ブログを覗いてください。

ストリートベンダー

3日間の大連業務を終えての帰国日、HYATTホテル15階の部屋から眼下に西の海辺の風景が広がっています。

ルミカ関係者は6/22と6/23、この大連で一番の好立地のホテルに宿泊です。この星海広場の夏はそりゃ凄い。ビール祭りなどでは30万人の人出で賑わいます。夜の祭りと言えばサイリュームそしてルミカの仕掛けで幕が開いたのですよ。

昨夜この海岸通を散歩していたら風船にLEDを巻いた光るブーケを手にした若者数人を目にしました。今朝それを思い出しながらテキヤ稼業について思案します。

「元手無いけどひと旗上げたい」と多くの若者が模索し行動を起こすのが世の常。中洲士郎もその1人でした。そして取り敢えずストリートベンダー日本ではテキヤ、行商となって歩み始めるケースが少なくないようです。過酷な競争の中でどうやってサクセスストーリーを掴むか。この点で怪しく光るサイリュームは破格で、LEDに代わるまでは甘い蜜の山でして、沢山の挑戦者達が財を成しました。

日本でアントレプレナーにとって一番困るのは縄張りであり既得権の横行でしょう。中国では土地の所有を認めない、即ち既得権は無いと言うことがVBには有利に働くようです。日本で素人が広場で物売り始めようものなら直ぐにヤクザに狙われるから無理です。しかしここ中国そして星海広場ならまず問題ありません。テキヤをやってその商品がヒットするかどうかテスト出来ます。格好良く言えば簡単にマーケッティングが出来るわけです。

妄想がドンドン膨らみます。この高級ホテルの一室で例のPUボールにゲル発光液を自動注入します。それを100個ほど黒いゴミ袋に詰めて夏なら毎晩10万人はウロつく広場に繰り出してストリートベンダーをやらせるのです。

中洲流テキヤはこんな具合です。

先ず場所は東海岸の巨大なコンクリートアーチ。そこで遊んでいる子供10人くらいに光るボールを手渡してアーチの先端からボールを転がして遊ばさせます。これを見た大人達が売り子を探して黒い袋を手にした娘を見つけます。「1個買うか2個買うか?2個なら10元だ」と言われて皆んな10元払って2個のボールを手にして子供に手渡します。

どうしてこのボールが光るのか他のテキヤ達にも化学発光の同業者達にも想像出来ません。まさか超金持ちのホテルの一室で細工してるなんてね。この仕掛けから大きなテキヤネットワークが始まるかもしれない。若しここで売れなきゃ遊びの光るボールには期待しないほうがいいでしょう。

皆さん。今度の発見と創造展の時に窓の外の広大な広場で誰かが光るボール売ってたらそれは中洲かも知れませんよ。

売れない新製品

義理の甥っ子に会社に来てもらった。大手警備保障会社に20年勤めていたので大閃光ペイントの評価をして貰う。

「警備保障と言うのは如何に財産を守るかが仕事で犯人を捕まえるのが仕事じゃない。発光スプレーを不審者に吹き付ける場面は殆どないだろう」

ポリカーボネートシールド(防護盾)だ。こいつに発光スプレーをセットしよう。サバイバルゲームで使わせるのだ。そしたらそれを見て機動隊が採用する。

いや。ヤッパリアミューズメントだ。ナガトシの光る文字シートだろう。明日倅の会社から研究者が2名来るので商品化頼もう。だけどうちの連中皆んな呑気だな。中洲以外に焦る気配が全くない。これじゃ脱サラ独立はできないよ。

新製品はとにかく難しい。世に無かった代物は使い方も発見発明しないといかん。それにしても「ケミホタル」は奇跡的な穴場商品だった。中洲の独立新製品がケミホタルじゃなかったと思うとソッとする。皆さん独立して最初に手掛ける製品は手離れが良いことが必須ですよ。ああ怖。


のどかな由布農園の花。鯛釣り草と翁草の群生。4/22撮影。