泣かされ士郎

2/4(日)アッコ監督の完璧な運営のもとで
フィッシングショー大阪2018が終わった。


BiRodで撮る。

ルミカスタッフ60名程が
競うように各自自分の役割を果たし、演技を披露した。
ナカタニ組の大人気神経締め残酷ショーを
カワジリ君の笑顔のルミカストーリー講演が癒した。

中洲は敢えて制服を取り
聴衆のフリをして最前列でカワジリ君を応援していた。
ところが不覚にも連中が仕組んだ罠にはめられたのだ。

「今日は皆様に主人公中洲士郎を紹介します。
壇上に上がって下さい」とカワジリ君。
絶対に壇上には出ないからと釘を刺していたのにだ。
内心舌打ちしながらも
可愛いカワジリ君の為と下手な挨拶をして
そそくさと縁台を降りたら、又呼び戻される。

「中洲の40年の労に報いるために社員からのプレゼントです」
と言って、背広の仕立券ボードと40年モノの赤ワインを渡された。

今日は「泣かされ士郎」
本当に泣き出したくなったのであります。

ですから、
「どうしてもやるぞ。開発合宿」と
いよいよ新製品開発にハッパをかけ、
みんなの年収100万円アップの空手形を切りまくります。

可哀想なのは合宿の連中、
中洲へのプレゼントのカンパに応じさせられ挙句、
開発合宿で大阪から更に上京させられました。