養殖マグロ

何でこんな忙しい時に4人連れ立って
愛媛の宇和島に繰り出さにゃいかんのやろう。
人生のキーワードは偶然と諦めかな。

発端は11月15日のインタービー初日だ。
ルミカブースの背面から爺さんがやって来て
そりゃあ執っこくイシバシ君を口説いてね。
「水族館がどうしても要る」と。
中洲までひっ捕まって
「9DDという会社は日本一のAIの専門会社で
超秀才の集まりだ」と言う。

この塩川と言う御仁、
どうやらTV業界の大物だったらしい。
要するに人に「ノー」って言わせないのだ。

JAL7:50福岡発松山空港行きに揃った
イシバシ、ノミヤマ、オーツカと中洲の4名。
松山空港で9DD一行と合流し一路宇和島へ。

先ず水産センターで農学博士室長以下職員と協議。
中洲理解が難しい会話から掴めたのは
県の養殖業振興にAIが要るって事らしい。
そのAIを確立するには「ルミカの水族館が不可欠」
そこで我らは引っ張り出された訳だ。

9DDの社長若いが弁がたつ。
広い肩幅に分厚い胸。格闘技の猛者だな。気も短い。
相手の答弁に怒りを隠さない。
役人相手には中洲みたいに卑屈になっちゃいかんな。
だけど相手を威圧する躯体を持ち合わせていればの話だ。

ここを出て宇和島のT水産に向かった。

同じ業種でこれ程温度差を目の当たりにするのはないだろう。
彼らの目標は天然マグロ以上に美味い養殖マグロを
世界の食卓に乗せることだ。
そりゃ毎日毎日血の滲む苦労を重ねている。

9DDとの取り組みで「リアル画像が取れる水中カメラを揃えろ」
これが40億円のファンドで運営している
T水産の指令だったのだ。
そして9DDが差し出したのが我々ルミカだった。

そりゃ紳士的で友情に溢れる応対だったね。
圧巻は宇和島で最高格式の料亭天赦園での宴会だった。
彼等の造る生の伊達マグロが惜しげもなくテーブルに並ぶ。
その美味なる事筆舌に尽くしがたいとはこのこと。

このマグロを口にするまでは男たちが何を夢見ているのかサッパリ掴めなかった

三陸の海底で

Bi水族館もはや時間切れ寸前。

NHKおはようズームアップで
東日本大震災後未だ上がらぬ2500人もの遺体。
そして潜水夫の資格を取って
娘を探して冬の海に潜る父親の姿があった。
水深30m僅か5分しか潜れんそうだ。

Bi水族館が要る。
早く完成して石巻市に出かけて協力したいものだ。
必ず何体かの遺体が見つかる筈。
その中にその父親の娘があるかも知れない。

だが未だ水族館が完成しておらんのだ。
12/18宇和島のマグロ養殖場でテストして
1月の横浜フィッシングショーでお披露目と映像流さにゃいかん。
今日、身の回りのガラクタで組み上げたのが以下の写真。

諸君。上手く行かんこと承知の上で
中洲と一緒に珍奇な妄想してみないかい。

先ずオモリは海底に引っかからないように
平たい1kgの砂入りダンベルにした。
(折角通販で買ったのに細腕鍛えることなく・・)
上のフックは水中ライト大閃光6インチ3本。
この上の籠は集魚用のオキアミや鯖の切り身入れ。
上のカメラは予備撮影用GOPROで
ワイヤレスラインで海上のスマホと接続。
このアンカー躯体は30mの細いロープで海上のBi6G4500へ。
途中でUSBケーブルに繋がれた防水VR360カメラが
ロープに結束されている。
モニターはHUAWEIの7インチTAB。
こいつがBiケースに仕組まれたH野作折りたたみ式暗室で
海中映像を鮮やかに映し出す筈だ。

こうやって想像をたくましくして着想を構想にする。
その試作品が上手く動いたらもう堪らん。