開発は面白い

今日も商品開発三昧。

中洲自我自賛のBiレスキューは人命救助の道具として空中土中水中を問わない遭難者探索カメラキットです。

見本市での発表を前にモニター標準をどうするかで苦心しています。360°カメラの性格上モニターの簡単操作が不可欠。それに太陽の下でも映像が明確に看れることが必須。となるとモニターをVRゴーグルにするかHUAWEIの7インチタブレットにするかで悩みます。

先日の開発会議でプラスリモコンゴーグル開発をオーツカ君が担当、そして止む無く中洲はタブレット収納暗視ケース開発に朝から取り掛かりました。

先ず底に7インチタブレットを置いて焦点距離上30cm高の馬鹿でかい暗視ボックスをこしらえました。タブレット操作用に手が入るドアを付けました。案の定イシバシとオーツカの軽蔑的な視線を受けたので箱を10cmの深さまでカット。これにダイソーの100円望遠鏡から凸レンズを取り出し目の高さを調節出来るようにしました。

さて夕方7時机に着いて先の2人に「プロの腕」を自慢しようとした矢先、オーツカがVRゴーグルの中洲発案充電池ハンドルにリモコンを付けていたのです。

その驚異的操作性。丸一日掛けた中洲苦心の暗視ボックスはオシャカと成りました。

夜、商品開発で今一番信頼を置いているハシモトがメールを寄越しました。凄いスピードで光るビキニ開発が進んでいます。ヤマテも光るシートにこだわったビキニを開発中。これが完成したら会社のかわい子ちゃん達連れてホテルオータニのナイトプールに繰り出そう。何となくだが開発のエンジンがかかってきたようです。


シート挿入型は野暮ったい。


この圧着加工品が光ると凄いですぞ。

AR拡張現実

今年も残り僅か。やり繰りして今年最後の出張。
ここはヤッパリ大連。

何とキンギョさんが大連最高級ホテル、星海グランドハイアットに
部屋を取ってくれていた。
「何を今更格好つけて」と社内にクレーム出そうだが・・・
実はこれは来年6月の発見と創造展での皆さんの宿泊調査なのだ。
あまり多くは語るまい。
国際線のビジネスクラスってとこか。
来年のお楽しみだね。


ホテルのあ窓から。皆んなで一度贅沢するか。

そんなわけで仕事の報告に代えて、
VRについてネットを検索したので記しておこう。

と言うのも来年の大フィーバー商品は
VR-HMD(ヘッドマウントディスプレイ)らしい。
そしてVRゴーグルはBiプロダクトの必須ギアでもあるのだ。
中洲の先見性が光るかも知れんので
証拠を残しておこうという魂胆。

VR Virtual Realityは仮想現実と訳され
ゴーグルにもVRと表記される。
しかしBiプロダクトでは仮想ではなく実想を観るから
VRじゃなくARだろう。

ネットでARはAugmented Reality 拡張現実とある。
Biでは特殊カメラを通して
ハイアングルから鳥の目で、
瓦礫の中では警察犬の目で、
そして水中では人の目に代わって魚の眼になって
実相を見るわけだ。

凄いじゃないか。

これこそ拡張現実だ。
ルミカではOEMのVRゴーグルをARゴーグルBiと名付けて
実用的なAR機器を普及させる。

キノシタ君なんかテレっとしないでVR/ARの専門家に育つと
ルミカのためにも彼の人生にもエンジンが備わるんだがな。

日振島のマグロ養殖

宇和島から渡船で1時間
豊後水道に浮かぶ日振島にマグロの養殖場がある。

写真のように100kgのマグロで渦を巻いている。
この生け簀だけで4000万円の設備費。
それが10以上もあるのだ。
正に装置産業だな。

ここで我が仲間達の活躍の中
どんどん凄い映像が撮れた。
10数名の同行者はVRゴーグルのリアル水族館に歓声、
GOPROの鮮明な画像に驚嘆。
完全にルミカが主役の1日だった。

昨晩の答礼で今日は相手水産関係者をもてなす。

何と塩川老は今日が誕生日。
祝いの誕生ケーキに
30m素潜りすると言う屈強な潜水夫が
澄み渡るテノールで唄を添えた。
二晩ともいい夜だった。