2018年08月08日一覧

ちちんぶいぶい♪秩父旅行

初投稿の控えめドルオタBです!

本日より私の日常生活の一部を綴らせていただきます‼︎

 

先日、西武鉄道のCMで話題の秩父に行ってきました。

パワースポットで有名な三峯神社、大きな和同開珎がある和同遺跡、バーベキューやコテージに宿泊できるミューズパーク、川下りなど色々なところに行きました‼︎

観光地だけでなく、美味しい食べ物も多く、中でも…

『麻左美冷蔵』のかき氷は甘さが丁度良く、凄く美味しかったです!

人気なお店だそうで、1時間も並びました…

 

この夏、どこに行くか迷っている方は川下りなどもできるので、秩父オススメですよ!

ではまた。


田舎あるある

先日工場にお客さんがきました。

クワガタさんと、

カナチョロさん(子供)

私的にクワガタもGも一緒なので、見た瞬間勘弁してくれと2mは離れました。

カナチョロ。これはとっても可愛いですね。子供なんて初めて見ました。

 

この子達以外にも、呼んでいないお客さんが頻繁に来ますが、

これからはもう少し優しく出迎えようかなと思いま、、、

なんとこれを打っている間にうちの拠点長が殺虫剤を持って外回りという名の虫退治にいきました。始業前と終業後の虫の見回りはもはや趣味なのでは・・・?


リアクションでドッカン!!(本編)

雨降らないかな~

雨降らないかな~

1m以上減水してしまった池の水位が一気に戻るくらい雨降らないかな~

そうしたら池の水位も上がって、

バス達の隠れ家も出来て狙いやすくなるし、

この気温で温められてしまった水温もバス達の適水温度になるし、

何より水中に酸素が入ってバス達の活性が上がるのに・・・。

と思っていたら何やら台風により豪雨予報!!!!

バサー(バス釣りをする人のこと)達にとっては喜びの雨!!

やったぜ~!

待ちに待った雨!!!

と思っていたら、

海外出張で日本におらず、雨とか全く関係が無い・・・

どうもGEKIZOUです。

 

戻ったらバス釣り三昧な日々を送りたいと思います。

はい、既にお気づきかと思いますがGEKIZOUは【ラーメン】よりも何よりも【バス釣り】が好きなのです。

好きと言うより・・・

もはや生き甲斐になっています。

そんな訳でちょっと前の雨が全く降らない日々が続いた時の事を・・・。

 

皆さんはこの二つのルアー(疑似餌)を見た時にどちらの方が

魚を釣る事が出来ると思いますか?

何処からどう見てもバスが捕食する餌(小魚)に見えるのは上のルアーですよね。

しかし、活性が低いバスにとって餌の様なルアーを投げいれても

全く反応しない時があるのです。

餌を食べるのもダルい的な感じでしょうか・・・。

そんな時に投入するのが下の写真の様なバズベイトと呼ばれるジャンルのルアーです。

これは上方に付いているペラが回転し、

水面をバシャバシャと音を立ててバスにアピールするルアーです。

このうるさいバシャバシャに食性ではなく、

本能でバスに訴えかけるのです。

そうする事により・・・

 

 

ドッカーン!

と水面を割ってバスがルアーに食いつくのです。

これがリアクションでの釣りです。

専門用語ばかりで何を言っているのか分からない人も多くいると思いますが・・・

何を伝えたいかと言いますと・・・

 

【食性】を使って魚を釣ると言うのは当たり前の事です。

しかし、視点を変えて【本能】を直撃する事により食性では反応しない魚を釣る事が出来ます。

つまり・・・

何事も固定観念に縛られずに≪視点を変えてチャレンジする≫事で

新たな道を切り開く事が出来る様になるかもしれません。

 

はい、そんな話でした。

 

では。


ハイツァオ!ハイツァオ!

出張期間中に好きな映画「バケモノの子」が

金曜ロードショーで放送されるのをものすごく悔しがっていましたが

移動で使う飛行機で見れる映画一覧に「バケモノの子」が運よく入ってました。

それがすごく嬉しかったのに、疲れ果てた帰国時に見てしまったので、

途中途中で寝てしまった残念なはるかぶです。

 

出張中、中国国内での主な移動手段は車でした。

その車の中ではいつもお世話になっている工場のスタッフの方が

気を利かせていろんな音楽をかけてくれていました。

 

その方は独学で日本語を勉強していらっしゃるようで

日本の曲をたくさん知っていました。

大橋卓也さんの「ありがとう」や、つじあやのさんの「風になる」、

米津玄師さんの「Lemon」など選曲が私好みで楽しかったです~

せっかく中国に来たので、私も好きな音楽を話題にして

スタッフの方に中国語の練習相手になってもらってお話ししてみました。

 

「海草舞(ハイ ツァオ ウー)」という

中国のポップで癖強めな歌も聴かせてくれました。

漢字が分かる日本人ならだいたい意味が分かるかもしれませんが

見ての通り、「海藻のダンス」という意味です。

タイトルからしてすでに斬新で攻めた曲です。

覚えようと思っていたわけではありませんが、曲序盤から

「海草!海草!海草!海草!」

と連呼するので出張から帰ってきた今も

その部分ははっきり覚えています。

 

中毒性って怖い。

 

写真は泊まったホテルの、なんと“裏口のドア”。

ホテルにこんなのあるなんて!と

とにかく驚いた出張3日目の夜でした。