リアクションでドッカン!!(本編)

シェアする

雨降らないかな~

雨降らないかな~

1m以上減水してしまった池の水位が一気に戻るくらい雨降らないかな~

そうしたら池の水位も上がって、

バス達の隠れ家も出来て狙いやすくなるし、

この気温で温められてしまった水温もバス達の適水温度になるし、

何より水中に酸素が入ってバス達の活性が上がるのに・・・。

と思っていたら何やら台風により豪雨予報!!!!

バサー(バス釣りをする人のこと)達にとっては喜びの雨!!

やったぜ~!

待ちに待った雨!!!

と思っていたら、

海外出張で日本におらず、雨とか全く関係が無い・・・

どうもGEKIZOUです。

戻ったらバス釣り三昧な日々を送りたいと思います。

はい、既にお気づきかと思いますがGEKIZOUは【ラーメン】よりも何よりも【バス釣り】が好きなのです。

好きと言うより・・・

もはや生き甲斐になっています。

そんな訳でちょっと前の雨が全く降らない日々が続いた時の事を・・・。

皆さんはこの二つのルアー(疑似餌)を見た時にどちらの方が

魚を釣る事が出来ると思いますか?

何処からどう見てもバスが捕食する餌(小魚)に見えるのは上のルアーですよね。

しかし、活性が低いバスにとって餌の様なルアーを投げいれても

全く反応しない時があるのです。

餌を食べるのもダルい的な感じでしょうか・・・。

そんな時に投入するのが下の写真の様なバズベイトと呼ばれるジャンルのルアーです。

これは上方に付いているペラが回転し、

水面をバシャバシャと音を立ててバスにアピールするルアーです。

このうるさいバシャバシャに食性ではなく、

本能でバスに訴えかけるのです。

そうする事により・・・

ドッカーン!

と水面を割ってバスがルアーに食いつくのです。

これがリアクションでの釣りです。

専門用語ばかりで何を言っているのか分からない人も多くいると思いますが・・・

何を伝えたいかと言いますと・・・

【食性】を使って魚を釣ると言うのは当たり前の事です。

しかし、視点を変えて【本能】を直撃する事により食性では反応しない魚を釣る事が出来ます。

つまり・・・

何事も固定観念に縛られずに≪視点を変えてチャレンジする≫事で

新たな道を切り開く事が出来る様になるかもしれません。

はい、そんな話でした。

では。