進化するヲタ芸に大注目

シェアする

先日、急に自宅の冷蔵庫が壊れてしまい買い集めていたハーゲンダッツコレクションが全滅しました。ルミカ東京支店のジェシカです♪

ぬるい液体となった愛しのハーゲンダッツたちを流しに捨てた、あの時の気持ちを忘れません。

さて先日、とあるイベントに視察に行きました。その名も…

「TOKYO ROMANCE PARK 10(東京ロマンスパーク10)」

東京ロマンスパーク(通称トーロマ)とは、2016年の第1回開催から5年、今回で10回目の東京開催を迎える「日本唯一のヲタ芸のフェス」なんです。

そして、ポキっと折って光る棒「ルミカライト(サイリューム)」の当社(株式会社ルミカ)が協賛しているイベントでもあります。

コロナ渦によって東京で久々の「トーロマ」開催となりました…。

入社して間もない私、生でヲタ芸のパフォーマンスを見るのは初めてなので期待が高まります…。

「ヲタ芸」の進化が止まらない

東京ロマンスパーク

開場を待ち、パフォーマンスがスタート…!

日本を代表するヲタ芸ユニットのショーケースです。

「むむ…??おぉ….!?なんじゃこりゃぁああ…!!」

東京ロマンスパーク

私の知っている「ヲタ芸」じゃない…。なんというか

ヤバい、めちゃくちゃカッコいい…」

語彙力を失うほどの衝撃でした。

東京ロマンスパーク

さまざなジャンルのダンスパフォーマンスを取り入れて、新しいヲタ芸を生み出しているのでしょうか。

ダンスの動きはキレッキレ。衣装も凝っています。

各ユニットに個性があり、楽曲もノージャンル。一言で「ヲタ芸」と言ってもそれぞれが全く違うパフォーマンスを魅せつけてくれます…。

はふぅぅ….。驚きと感動のため息が止まらない…。これはもはや「アート」じゃぁないかっ…!!(確信)

わたくし、完全にハマりました。推しの打ち師(ヲタ芸パフォーマー)も決まりました。

伝統を受け継ぎながらも革新を止めない文化(カルチャー)、「ヲタ芸」。これからのさらなる発展に期待するジェシカでした★

東京ロマンスパーク公式サイト

東京ロマンスパーク公式Twitter