はまやん一覧

大阪フィッシングショー

まいどー、はまやんです!

先週の2月1日~3日まで、インテックス大阪で開催された
”大阪フィッシングショー2019”に僕もスタッフとして
参加してきましたよ(/・ω・)/

今年は自身が担当する「神経絞めコーナー」を始め、
「新商品コーナー」「神経絞め実演イベント」にも
非常に多くのお客様にお越しいただき、楽しくも忙しい
3日間を過ごしました・・・(;・∀・)


(ステージ上からカメラで撮影するわけにも行かず、
イベント中の写真は撮れませんでした。ごめんなさい)

 

期間中で一番嬉しかったのは、お客様に

「去年も神経絞めのイベントやってたよね?」
「去年キミにメタルジャッカーを教えてもらって、それから
メインで使う様になった。今年のオススメカラーを教えて欲しい」

などなど、営業冥利に尽きるお声を掛けていただいた事!

大阪フィッシングショー終わりで今日はノドがガラガラでしたが、
来年もブースにお越しいただいたお客様に少しでも楽しい時間を
過ごしてもらえる様に頑張ります(`・ω・´)


プールで釣り!?

まいど―、スタッフのはまやんです。

先日「服部緑地ウォーターランド(屋外プール)で釣りが出来るらしい」との噂を聞きつけ、
三連休の頭に早速遊びに行ってきました(*’▽’) 何やら”手ぶらでもOK!”らしく、本当に
何も持たず手ぶらで行ってきたのですが果たして・・・。

※撮影・投稿前に運営会社(株式会社ゴーセン 様)に許可をいただいております。

————————————————————————-

友人の車をウォーターランド前の駐車場に止め、プール入口に向かうと・・・

服部緑地ウォーターランド フィッシングパーク」の横断幕を発見!
下に小さく”手ぶらでもOK”と書いており、とりあえず一安心( *´艸`)

横断幕下の券売機で入場券を購入後、隣の受付で「何釣りがしたいか(エサorルアー)」
「(エサの場合は)どのエサを使用するか」を選び、必要に応じてロッド等のレンタル代を
支払えばセッティング不要で直ぐに始められる超親切設計となっておりました(*´▽`*)

 

流れるプールコーナーは水深も浅く、目視でターゲットの位置が確認出来るほど。
(夏になると人が泳ぐ場所にニジマスやイワナが泳いでいるのはかなり新鮮・・・!)

エサを付けた後はターゲットの位置を確認・動きを予想しながら軽く投げ、
アタリを待つだけですので、お子さんでも超簡単!
当日は雨に泣かされて2~3時間しか出来ませんでしたが、
合計で7匹のニジマス・イワナを釣り上げる事が出来ましたよ(/・ω・)/

帰る際になってクーラーボックスが無い事にややテンパってました(素人感)が、
受付でクーラーボックスも購入出来ると聞いて一安心・・・。 何から何まで
現地でレンタルor購入する事が出来るので皆様も是非足を運んでみて下さい!


海を眺めるイイ男

毎度!はやまやんです。

既に旬を過ぎた感じはありますが・・・2泊3日の社員研修に参加し、

中国の大連市にあるルミカ工場などを見学してきました(*´▽`*)

普段自分が手に取り、営業を行っている商品が一つ一つ人の手で作られているのを見て、

今まで以上に1アイテム1アイテムの商品を大切に売っていかないとなぁ・・・と

一人静かに大和魂ならぬ営業魂を燃やしておりました(文章にすると何かウソっぽい)

 

研修中は海岸近くのホテルに宿泊していたのですが、釣具の営業マンとしては

やはり海の状況・釣り人はどれくらい居るのか・・・等々、気になったので

朝ごはんを食べ終わった後にお散歩がてらホテル近くの海岸までGO!

残念ながら魚の姿は確認出来ませんでしたが、海はめちゃくちゃキレイ!

また朝方はかなり涼しかったので、ひとり涼みながら物思いにふけっていると・・・

 

同じ会社のMさん「あ、海に佇むイイ男発見」

僕「( ̄ー ̄)ニヤリ」(僕もアウトローな雰囲気が出てきたかな・・・)

 

話を元に戻しまして・・・様子を見に行った朝方・皆で食事に出かけた夜間でも

釣りをしているアングラーさんを何人も見かけたので(夜間はケミホタルをウキトップに

付けて投げ釣りを楽しんでいるアングラーさんも)、極々当たり前の話なんですが、

”釣り”という娯楽は世界中で共通なんだなぁ・・・と改めて実感致しました(*´ω`*)

 

それではまた次回の記事をお楽しみに(/・ω・)/


激闘!海上釣り堀! ~水中撮影②~

前回の続きとなります。良かったら前回から続けて読んでネ

—————————————————————————

到着後すぐにBiRodの先端にカメラをセットし、早速高所撮影からスタート!

最長7.5mまで伸ばす事が可能なロッドを慣れた手つきでぐんぐんと伸ばし、

手元のスマートフォンでカメラの映像を確認しながら、ロッドを独楽の様にゆーーっくりと

回して、海上釣り堀全体が映る様に撮影(この瞬間だけ営業では無くカメラマンとなる僕)。

時間を掛けて撮影した映像をスマートフォンで確認してみると・・・

うーん、我ながら良い仕事してます。
(釣り堀内には一般のお客様がいらっしゃるので外アングルの写真)

 

続けて前回の記事で紹介した水中撮影用ケーブルの「Wireless Line」を

カメラの側面にペタリと貼り付け、難関の水中撮影を開始!同行していた僕の上司が

スマホをチェック、僕がロッドを操作するという協力プレイで撮れ高を目指すも・・・

 

上司「あ、何か映った」

僕「え?この辺ですか?(ロッドスイー」

上司「何も映らんくなったやん」

僕「じゃあ、こっちですか(ロッドスイー」

 

こんな感じの絶妙なコンビネーションで前回にも紹介したマダイを撮影する事が出来、

車内で「今日は撮れ高有りましたねー」というカメラマン営業トークを交わしながら帰社。

「百聞は一見に如かず」という諺が有りますが(急にインテリぶる”はまやん”)、

写真や動画も無くBiRodの営業を行うより、「実際にBiRodを使い、

こんな映像が撮れました!」という営業の方がお客様もイメージを持ち易く、

説得力も有りますよね(*´ω`*) 今回の水中撮影に限らず、スタッフで新商品の

実釣テストに出掛けてPOPを作ったり、フェイスブックで報告したり・・・と

色々な営業を行えるのがルミカの魅力!営業する上での楽しみを皆さんに少しでも

お伝え出来る様に今後もブログ上で公開していくので、お楽しみに(*^-^*)


激闘!海上釣り堀! ~水中撮影①~

毎度!営業本部に所属している”はまやん”と申します(/・ω・)/

ルーチン業務を淡々と書いてもつまらない味気ないと思うので、今日は皆さんに

ルミカの営業は面白い!と思ってもらえる様なエピソードを紹介します(*´▽`*)

 

【激闘!海上釣り堀! ~水中撮影編①~】

僕は仕事上”海”や”釣り堀”といった現場に直接お邪魔する事も多いのですが、つい先週も

三重県のとある海上釣り堀を訪問し、BiRodを使用した水中撮影(営業兼ロケ)に挑戦!

上画像の様に水中の映像をリアルタイムで確認しながら、地上では視認出来ない

”お魚さん達の泳いでいる姿”の静止画・動画が出来る優れ物なんですが、これが

滅茶苦茶難しいんです(;・∀・) 人間のモデルさんの様に此方が構えたカメラに

すーっと近づいてくれる訳も無く(むしろちょっと警戒される)、また高低差が

分かりにくい水中では、折角魚を枠内に収められているのに自分からフェードアウトして

映像がおじゃんになったりすることもしばしば・・・。 先週も紆余曲折を経て、最後の

最後でたまたまカメラの前を横切ったマダイをドアップで撮る事が出来たのですが・・・

今回は長くなっちゃったので、その時の苦労話はまた次の機会に・・・。

 

釣具のフェイスブック(LUMICA/Xtrada)でもその時の話を記事にしているので、

フェイスブックの投稿も是非確認してみて下さいネ(*´ω`*)