Fast Copy一覧

パソコンの入れ替え~その4

パソコンの入れ替え~その3の続きです。

古いパソコンから新しいパソコンへデータを移すのは結構大変な作業です。

USBの外付けハードディスクを使って移すのが早くて良いのですが、移し終わった後に古いパソコンでデータ修正などを行うと差分を持ってくるのが面倒です。

そこで純全帯公はSE御用達のファイルコピーツール”FastCopy“を愛用しています。

FastCopy

FastCopy(ファストコピー)は、Microsoft Windows 向けのファイルコピーソフトウェアである。

FastCopyはWindows標準ファイラーであるエクスプローラに対する作者の不満から開発構想がスタートしている。 ファイルコピーツールとしての多彩なコピーモードを備える他、コピー元とコピー先のチェックサムを突き合わせるベリファイ機能や、 発生した軽微なエラーを無視する機能などにより、ファイルコピーの効率化、高信頼化を可能にしている。

出展:ウィキペディア

ファイルサーバーにあるテラバイト越えの巨大なデータを、何時間もかけてコピーすることがたまにあるのですが(もちろん仕事)、普通にみんながやっているようなドラッグコピーやコピペなんかでやると、途中でエラーが出たり、作業を中断したり、という場合には最初からやり直しになってしまいます。「あと少しで終わり、やっと帰れる!」と思ったときにエラーが出たりすると、本気でサーバーを蹴飛ばしたくなります。

このストレスを解消してくれるのがFastCopy”です。

このソフトは”robocopy”コマンド並みに高速なばかりでなく、エラーが出ても無視して突っ走る機能とか、途中でおうちに帰りたくなった時に一時中断して翌朝再開とか、コピー元とコピー先のタイムスタンプを照合して新しくなったファイルのみコピーするとか、とにかく「大量のファイルを安全確実にストレスなくコピーする」ツールとしては最強だと思います。

もちろん今回の引っ越しにも登場です。

ただしこのアプリは、設定を間違えるとファイルを「ゴミ箱」経由しないで即消ししたりする危険があるせいか、Windows10にインストールしようとすると、

「WindowsによってPCが保護されました」

と、警告を食らうことがあります。もちろん純全帯公は自己責任で強制インストールしますけど。

危険なヤツほど便利で面白い?。

まだ続きます。